歯周病治療 Dental care

「歯がなくなっていくのは老化だからしょうがない」と思っていませんか?
答えはNOです。
もちろん加齢と共に少しずつ歯茎がやせていくことは否定しません。
でもあきらめてしまう前に歯周病治療にチャレンジしてみましょう

歯周病とは?

歯の病気の代表的なものに、むし歯(う蝕)と歯周病があります。むし歯は「歯そのもの」が破壊される病気ですが、歯周病は「歯を支えるまわりの組織(歯周組織)」に起こる病気です。
自分で気づかない軽い歯周病を含めると、40歳以上の成人のうち、5人に4人以上が歯周病にかかっているといわれ、歯周病は歯を失う最も大きな原因となっています。

歯周病はどうして起こるのか

歯周組織は歯を正しい位置にしっかり付着・固定するための強固な構造を備えていますが、歯磨きが不十分で、歯と歯肉に間に細菌が住み着いて歯垢(プラーク)がたまると、そこに炎症が引き起こされます。これが歯周病の始まりです。
初めは自覚症状がなく、気づきにくいですが、歯周病が進行すると歯肉が赤くなったり腫れたりします。
プラークが石化して歯石になると、自分では取り除きにくくなって歯周病が悪化し、歯と歯肉が付着している部分にすき間(歯周ポケット)ができます。
さらに炎症が歯肉の内部に進行すると、歯を固定する力がだんだん弱くなってしまいます。
この状態のまま放っておくと、ついには歯を失ってしまうことになります。
歯周病は気づかないうちに進行してしまう病気です。
毎日のセルフケア、定期的な検査、歯科医院で受けるケアの3点が重要になります。
毎日のセルフケアで難しい部分を歯科医院でのプロフェッショナルケアでフォローします。

歯周病治療の流れ

最近では失われた歯周組織を再生させることも可能になってきています。
あきらめてしまう前にご相談ください。

診療時間

午前 9:00~12:00
午後14:00~19:00
※火曜日のみ17時まで
※木・日・祝祭日曜日は休診

12月の診療日
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
1月の診療日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
:診療日:休診日
:午後1時までの診察
このページの先頭へ戻る